2019年度サバイバルキャンプ

5月2日から6日のサバイバルキャンプは定員となりました。お申し込みありがとうございます。

2019年度のサバイバルキャンプの詳細が決まりました。

サバイバルキャンプ開催日程など

キャンプ名サバイバルキャンプ
日程:対象:5月2日~5日 3泊4日 :小学生・中学生
定員10名
移動往路:送迎バス 復路:フェリー公共交通機関利用
集合 9:00 横浜駅
解散16:00 横浜駅
参加費3泊4日¥40,000

川沿いの森の中で過ごす4日間。

森の中で楽しみながら、これぞイメージの中のキャンプというようなわくわくするけど、現代生活ってなんて素晴らしいのだと実感する、そんなキャンプです。

危険な蛇や蜂もいない季節だからこそできるサバイバル。野宿や秘密基地づくりにチャレンジ。チェーンソーで木を切ったり、普段の生活ではまず経験できないことが、このキャンプではできます。がっちりハードにサバイバル?。わくわくというより、ドキドキな4日間(かもしれません)。不自由な生活をとおして、暗くなったらたき火を囲み、明るくなったら起きる、水も食料も自分たちで山へと運びます。自由にのびのびとやってみたかった森でのキャンプをしてみませんか?

誰もいない裏山で、ドキドキサバイバル体験

秘密基地作り

山にある素材とロープ、シートを使って、山に快適空間を作ります。

野宿体験

秘密基地を作ったら、そこに泊まります。ほとんど外です。暗くなったら、寝て、明るくなったら起きます。

たき火料理

肉を焼いて、ごはんを炊いておいしいごはんをつくります。もちろん、かまども手作り、火おこしもサバイバル風に。

獲物とり

キャンプ場の脇には、小川が流れています。そこにはエビやカニ、小魚がたくさん。身近な道具を使って捕まえるよ。

ワイルド体験

とにかく、ワイルドです。外で寝たり、自力で獲ったものを食べたり、自分より大きなたき火をしたり、非日常間違いなし。

サバイバルキャンプの基本

 このプログラムは、ただキャンプを楽しむだけではなく、不便なキャンプをあえてすることを通して、普段の便利な生活を実感してほしいと考えています。
キャンプ中は、森の中の安全な場所にテントを張り、一晩過ごします。水もトイレももちろん山の中なのでありません。水は必要な分を運び、トイレは見えないところで。ただし、嫌な場合は日中に限り、施設内のトイレを使えます。ただし、往復10分かかります。水道のありがたさ、トイレ、布団、暖房何もかもが不便です。しかし、大声で騒いでも、泥だらけになっても、怒られることはありません。
 工夫次第でいろいろなあそびはみんなの工夫次第。考える・見つける・楽しむ、この3つがサバイバルキャンプの基本だよ。

プログラム実施にあたって

サバイバルキャンプ スケジュール

 1日目2日目3日目4日目
午前横浜駅集合
送迎バスでふうき自然塾へ
お弁当
起床・朝ごはん起床・朝ごはん
海へ食材探しへ
海辺でワイルドランチ
たき火で朝ごはん
撤収作業
温泉入浴
午後食器づくり
キャンプ場でたき火料理
秘密基地づくりなど
秘密基地作り
川での活動など
寝床づくりお昼ごはん
フェリーと電車で移動
解散
ドラム缶風呂入浴
初日はふうき自然塾泊の予定
野営、テント泊暗闇体験
野営体験

上記はほんの一例です。参加者の年齢や天候を考慮して活動をおこなっていきます。





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です