特定非営利活動法人ふうき自然塾は拠点を群馬県片品村に移し活動をしている、子どものための少人数の会員制の自然体験クラブです。横浜駅、東京駅集合解散のサマーキャンプ、四季折々のの自然体験、冬春休みのスキーキャンプなど幼児から小学生、中学生を対象とした自然体験活動をおこなっています。

お知らせ

2020サマーキャンプ募集開始
みなさん、こんにちは。ふうき自然塾のゆうやリーダーです。 各地で学校が再開され、少しずつ日常が戻って ...
サマーキャンプのお知らせ
追記 5月25日 現在サマーキャンプ日程調整中です。もう少しお待ちください  おはようございます、ゆ ...
春の自然塾
みなさん、なが〜い春休みになっていませんか?自宅待機、休校時はゲームに動画視聴過多になっていませんか ...
  • サマーキャンプ
  • 移転のお知らせ
  • サマーキャンプ
  • ゆうやリーダーの部屋youtubeチャンネル
  • お宿ふうき自然塾

2020サマーキャンプ総合案内

特定非営利活動法人ふうき自然塾のサマーキャンプは参加定員15名の少人数制としています。サマーキャンプには行かせてみたいけど、ちょっと心配、不安だという方は是非、お問い合わせください。一つのキャンプを一つの家族・兄弟・仲間という心構えでサマーキャンプを運営しています。

2020年サマーキャンプ情報

主な変更点

詳細は下記表の、キャンプ名をクリックしてください。

このまま下までスクロール↓していくと、全キャンプ情報が見ることができます。その後、ある夏のキャンプの様子やワンダーキャンプ特集ページ、最上部のふうき自然塾についてなどをご覧いただくと団体の詳細がわかりやすいと思います。

 内容日程泊数集合解散
残数
1夏の自然塾17/23-7/263泊4日横浜・東京
2夏の自然塾28/1-8/54泊5日横浜・東京
受付終了
3夏の自然塾38/5-8/127泊8日横浜・東京
4夏の自然塾48/8-8/124泊5日横浜・東京
残2
5夏の自然塾58/12夕方-8/164泊5日横浜・東京
残5
6夏の自然塾68/19夕方-8/234泊5日横浜・東京
7ワンダーキャンプ8/1-8/2322泊23日横浜・東京
8ワンダーキャンプA8/1-8/1211泊12日横浜・東京
残2
9ワンダーキャンプB8/8-8/1911泊12日横浜・東京
残5
10ワンダーキャンプ7/23-8/31好きな日数で横浜・東京
夏の自然塾
サマーキャンプ  夏の自然塾

夏の自然塾 田舎の夏をのんびりたっぷりまんきつ

夏の自然塾

決まったプログラムのないキャンプが夏の自然塾。何をするかは参加する子ども達と決定していきます。やりたいことを見つけて、とことんやるのもよし、田舎の雰囲気を味わうのもよし。周辺一帯が遊び場です。

どこで遊ぶか?何を食べるか?どこで寝るか?期間中のプログラムは子ども達で決めます。川に行く?湖であそぶ?山にハイキング?テントでねる?おやつ作りや自然素材で工作、近くの畑で野菜の収穫体験などなど、空気がおいしく、水もおいしい田舎で生活しながら、規則正しい生活を送ります。
何をするかはみんな次第。毎日、次の日の活動を子ども達同士で話し合い、活動の内容を決めます。多数決ではなく、みんなが満足できる活動にするには、子ども達同士のコミュニケーションが大切になってきます。
初めて会った子ども達同士でも、同じキャンプに参加したもの同士、ひと夏の友達をつくる、夏休みの思い出作りに最適。

夏の自然塾実施要項

日程(1)2020年7月23日(木)ー7月26日(日) 3泊4日
日程(2)2020年8月1日(土)ー5日(水) 4泊5日 
日程(3)2020年8月5日(土)ー12日(水) 7泊8日
日程(4)2020年8月8日(土)ー12日(水) 4泊5日
日程(5)2020年8月12日(水)ー16日(日) 4泊5日
日程(6)2020年8月19日(水)ー25日(日) 4泊5日
宿泊お宿ふうき自然塾(群馬県片品村)
対象小学生・中学生※幼児の方はご相談ください
定員各コース15名
集合横浜・東京 時間調整中
解散横浜・東京 時間調整中
移動往復公共交通機関を利用
参加費(1)3泊4日¥58,000
参加費(2)(4)4泊5日¥65,000
参加費(3)¥95,000
参加費(5)(6)4泊5日¥62,000

5日目以降の料金は1日あたり¥10,000の追加で日数を調整できます。

料金の詳細はこちらからご参照ください

夏の自然塾ではこんなことをができるよ

敷地内の池

新しいふうき自然塾には、ニジマスが泳ぐ専用の池があります。水はちょっぴり冷たいけど、玄関開けたら5秒で水あそびが可能です。武尊山の湧水で飲むこともできる水です。ターザンロープで飛び込み、モリで魚をつくことも、釣りもできちゃいます。子ども達の好奇心をくすぐる、そんな施設作りをしています。

川あそび
周辺にはキレイな川がたくさん

片品村にはたくさんのキレイな水あそび場があります。片品川、薄根川、ヤマメやイワナ、カジカがいる川で川あそびや川釣り。菅沼や大沼と言ったとにかくキレイな湖で泳いだり、渓流沿いを独占できるそんなあそび場がたくさんあります。

夏が来〜れば思い出す〜、はるかな尾瀬♪も近く

片品村は尾瀬の玄関口、早朝に起きて、おにぎり持ってハイキング。夏に快適にハイキングできるのは、尾瀬エリアならではです。幻想的な湿原の景色は子ども心にもきっと感動を与えてくれるはずです。

室内遊具も完備

雨が降っても、施設内には滑り台やハンモック、ボルダリングの壁やブランコなど面白い遊具も揃っています。外あそびもお部屋でのあそびもできます。

写真は旧施設のものですが、手作りおやつ作り

釣った魚の塩焼きや竹をバームクーヘン作り、地粉を使ったうどん作りなど、おやつ作り、野外料理、囲炉裏料理など、食べるプログラムもたくさん。

作ってあそぼ

竹を使った工作(竹細工)では弓矢作り、木材を使って、鳥の巣箱作りやスプーンやお皿作り、自然の素材で自由な発想で作る、野焼き用粘土での焼き物などなど、涼しい環境でのキャンプなので、工作などもじっくりと取り組めます。

夏ならでは、お友達がたくさんだから、あそびもダイナミック

時には自然の物だけでなく、夏らしいあそびももりだくさん。例えば、一回で2,000玉の水風船でバトル、水鉄砲でサバイバルゲーム。
原っぱで鬼ごっこやかくれんぼ、野球やサッカーなどのボールあそびなど、キャンプ中に出会ったお友達と思いっきりあそぶことができます。

こんなあそび、憧れますよね。

川あそびへ遠征、普通の川あそびで満足できなければ、ダイナミックな場所へ遠征することもあります。昨年度まで開催していたウォーターマンキャンプ顔負けの飛び込みポイントがいくつかあります。ただ、雪解け水なので、とっても冷たいです。

少年の夢、自然の中で昆虫採集

少年達の夏のあこがれ、クワガタやカブトムシは千葉の頃とは比較にならない数が生息しています。夜は街頭など光があるところを中心に採集、敷地内に大型の照明を置きライトトラップ仕掛けと秘密のエサ仕掛けを設置で採集、早朝に起きて森の中を採集、昆虫採集にもいろいろなやり方がありますので、虫好きには最高です。ヒメオオクワガタが見つかることも・・・。

みんなで食べるご飯はおいしいね

みんなでご飯、高校大学生のお兄さんやお姉さん達と一緒にご飯の準備をして、みんなでいただきます。間食のお菓子はあまりとらないので、三食のご飯はとっても楽しみです。食べたいものがあったら、リクエストも可能です。普段小食の子達もキャンプ中はとってもたくさん食べるようになります。

休み中でも、規則正しい生活、学習タイム

ふうき自然塾のサマーキャンプ では、規則正しい生活、健康的な食事、遊びだけでなく早朝、夕方に1時間程度の学習の時間を設定しています。学習だけでなく、次の日のあそびの準備やみんなで話し合って決めるプログラムがあります。昨年は屋台ごっこを盛大に開催しました。

期間中の生活について


画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 467762a392dc8631ab60018683765ad5-1024x576.png

夏のワンダーキャンプ2020

長期自然体験活動

大切にしていること、プログラム概要

ふうき自然塾の設立理念のもとに、あれやこれやと押し付けるような日程は決まっていません。
やりたいことは、たくさん実現できます。こんなことがやりたい、やってみたいということがあれば、調べるところから実際に体験するまで、子ども達が成功体験を味わえるように、子ども達が自ら考えて、良い方法を探して、実行する。短期間の体験活動では味わうことのできないことを実現します。

そして『夏をまるかじり』を合言葉に、自然の中で様々な体験をしていきます。
初めて会う子ども達同士で一(いち)からキャンプを作り上げていきます。
山での体験、川での体験、仲間との共同生活での体験、さまざまな体験を子ども達自ら話し合い、決め、準備をし、活動を進めていきます。楽しいことだけでなく、時には困難なことにも向き合い、子ども達同士で乗り越える経験や日常生活とは違い、自然の中であえて不便なことにチャレンジしそれらを達成することで生きる力や生活力を育んでいくキャンプです。

みんなで協力して過ごす期間は、目に見えない力をきっと手に入れることでしょう。

あそびのベースは夏の自然塾がベースになっています。

また、長期間の活動になりますので、毎日規則正しい生活を心がけ、あそぶことだけでなく、寝ること、食べることの準備や片づけ、学校の宿題や塾の課題を取り組む時間も確保しています。
規則正しい生活を送ることで、日常の生活習慣の改善にも役に立ちます。

夏のワンダーキャンプ実施要項

日程(1)2020年8月1日(土)ー8月12日(水) 11泊12日
日程(2)2020年8月8日(土)ー8月19日(水) 11泊12日
日程(3)2020年8月1日(土)ー8月23日(日) 22泊23日
日程(α)2020年7月23日(木)ー8月31日(水)  好きな日数で参加可能
宿泊お宿ふうき自然塾(群馬県片品村)
対象小学生・中学生
定員10名
集合横浜・東京 時間調整中
解散横浜・東京 時間調整中
移動往復公共交通機関を利用
参加費(1)(2)¥120,000
参加費(3)¥204,000

12日目以降の料金は、1日あたり¥9,000の追加で日数を調整できます。

料金の詳細はこちらからご参照ください

夏のワンダーキャンプではこんなあそびがまってるよ


新しいふうき自然塾には、ニジマスが泳ぐ専用の池があります。水はちょっぴり冷たいけど、玄関開けたら5秒で水あそびが可能です。武尊山の湧水で飲むこともできる水です。ターザンロープで飛び込み、モリで魚をつくことも、釣りもできちゃいます。子ども達の好奇心をくすぐる、そんな施設作りをしています。

川あそび

片品村にはたくさんのキレイな水あそび場があります。片品川、薄根川、ヤマメやイワナ、カジカがいる川で川あそびや川釣り。菅沼や大沼と言ったとにかくキレイな湖で泳いだり、渓流沿いを独占できるそんなあそび場がたくさんあります。

片品村は尾瀬の玄関口、早朝に起きて、おにぎり持ってハイキング。夏に快適にハイキングできるのは、尾瀬エリアならではです。幻想的な湿原の景色は子ども心にもきっと感動を与えてくれるはずです。

雨が降っても、施設内には滑り台やハンモック、ボルダリングの壁やブランコなど面白い遊具も揃っています。外あそびもお部屋でのあそびもできます。

釣った魚の塩焼きや竹をバームクーヘン作り、地粉を使ったうどん作りなど、おやつ作り、野外料理、囲炉裏料理など、食べるプログラムもたくさん。

竹を使った工作(竹細工)では弓矢作り、木材を使って、鳥の巣箱作りやスプーンやお皿作り、自然の素材で自由な発想で作る、野焼き用粘土での焼き物などなど、涼しい環境でのキャンプなので、工作などもじっくりと取り組めます。

時には自然の物だけでなく、夏らしいあそびももりだくさん。例えば、一回で2,000玉の水風船でバトル、水鉄砲でサバイバルゲーム。
原っぱで鬼ごっこやかくれんぼ、野球やサッカーなどのボールあそびなど、キャンプ中に出会ったお友達と思いっきりあそぶことができます。

川あそびへ遠征、普通の川あそびで満足できなければ、ダイナミックな場所へ遠征することもあります。昨年度まで開催していたウォーターマンキャンプ顔負けの飛び込みポイントがいくつかあります。ただ、雪解け水なので、とっても冷たいです。

少年達の夏のあこがれ、クワガタやカブトムシは千葉の頃とは比較にならない数が生息しています。夜は街頭など光があるところを中心に採集、敷地内に大型の照明を置きライトトラップ仕掛けと秘密のエサ仕掛けを設置で採集、早朝に起きて森の中を採集、昆虫採集にもいろいろなやり方がありますので、虫好きには最高です。ヒメオオクワガタが見つかることも・・・。

みんなでご飯、高校大学生のお兄さんやお姉さん達と一緒にご飯の準備をして、みんなでいただきます。間食のお菓子はあまりとらないので、三食のご飯はとっても楽しみです。食べたいものがあったら、リクエストも可能です。普段小食の子達もキャンプ中はとってもたくさん食べるようになります。

ふうき自然塾のサマーキャンプ では、規則正しい生活、健康的な食事、遊びだけでなく早朝、夕方に1時間程度の学習の時間を設定しています。学習だけでなく、次の日のあそびの準備やみんなで話し合って決めるプログラムがあります。昨年は屋台ごっこを盛大に開催しました。

期間中の生活について

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: summer-form.png
サマーキャンプ お申込みはこちらから
キャンプ中に更新される、ふうき自然塾のページへ
今何しているかな?
ふうき自然塾ゆうやリーダーのYouTubeチャンネル
top