横浜 サマーキャンプ 子ども週末キャンプ 子供 サマーキャンプ 幼児 小学生 ボランティア 千葉 横浜 川崎 神奈川

ある夏のキャンプの様子

あるサマーキャンプの紹介です。
こんな雰囲気でキャンプを運営しています。参加の際のご参考になさってください。

これから出発
キャンプ当日、はじめてのサマーキャンプでドキドキな子ども達や毎年サマーキャンプで再開する子ども達など、ここらか2泊3日、3泊4日のサマーキャンプが始まります。もちろん、初めての参加のお子様もたくさんいらっしゃいますのでご安心ください。ふうき自然塾のキャンプでは参加者がリラックスして参加できるよう心がけています。
画像の説明各駅集合後は移動効率を考えて、送迎バス(15人乗りハイエース)にて移動します。初めて会う子ども達同士、車内の適度な窮屈具合がお互いの距離を縮めます。観光バスなどではありませんので、その点が不安な方はキャンプご参加をご遠慮ください。
お弁当タイム
新しいお友達と一緒にお弁当を食べます。人見知りのお子様やなかなか積極的にお友達に話しかけられないお子様にはスタッフが常に声をかけるようにしています。
海プールにて
通称、海プールここは海なのにプールのように四角く区切られていて波の高い時でも安全に海で遊ぶことができる場所です。水はもちろん海水なのでしょっぱいです。底の方で海とつながっているので運の良い時はお魚さんと一緒に泳ぐこともできる場所。
海プールではいチーズ
水あそびの際は原則全員ライフジャケットを着用します。小さい子はもちろん、上級生も泳げる子も慣れるまでは着用します。なぜなら、プールでは上手に泳げる子どもでも、波のあるプールでは絶対大丈夫ということはありません。ライフジャケットを外す場合は必ずキャンプディレクターの許可を得るように子ども達には伝えます。みんなで楽しく水あそびをおこなうにはルールが必要なことを子ども達と考えます。
海プールにて
海プールは海の潮の満ち引きによって、水深が変わってきます。潮の満ちているときはもちろん足がつきません。そんなときも子ども達が楽しく遊べるのがライフジャケット、実はライフジャケットがあるだけで、子ども達の水遊びの奥行きが広がるのですね。暑い夏は水の中でぷかぷか浮いているだけでも楽しいものです。ふうき自然塾のキャンプではお子様同士で遊ぶことはもちろん、スタッフも子ども達と一緒になってあそびます。もちろん、監視専門のスタッフは遊びたい気持ちを我慢します。
飛び込み岩
海プールの外側には、いくつかの飛び込みポイントがあります。海プールでの飛び込みに慣れてしまった子ども達はより刺激のある高いところへ行きたくなります。ちょっとした夏の冒険です。なんで子ども達はこうも飛び込むのが好きなのでしょうか?
海プール遠景
海プール遠景2
飛び込み
さらに高いところからの飛び込み、これは主に高学年のお兄さんお姉さん向けです。
飛び込み2
写真に写る水面の子どもがすごく小さい、ということは…、スタッフでも腰がひけることも。このスリル、やみつきになります。
ハイチーズ
ぷかぷか浮かんでみんなで記念撮影。
シャワータイム
海プールの帰り道、体のシオシオを流すために海水浴場のシャワーを拝借。もちろん水シャワーですがシャンプーまでしちゃいます。いくら日焼け止め塗っても、昨今の日差しは強烈。日焼けで火照った体に冷たい水はじつに心地が良い。しおが落ちたらスース―するローションなどでボディケアも忘れずに。
疲れたら休憩
ふうき自然塾のキャンプはあれやこれやのプログラムをこなすことが目的ではありません。子ども達が楽しかった、またやりたいと思ってもらえるような活動をしています。ので、遊び疲れたら何はさておき休憩です。みんなでゴロゴロこの時間も夏の思い出。
朝食
キャンプ中の食事はキッチン担当スタッフと子ども達有志で準備をします。ある朝のメニューはホットケーキ、大きな鉄板でどんどん焼いていきます。
大滝
サマーキャンプ2日目は大滝での水あそび。滝つぼ、天然ウォータースライダー、浅い川の部分などいろいろな面を見せる大滝はウォーターマンキャンプで人気ナンバーワン。年齢にあったあそびができるので、小さい子どもでも楽しめる場所になってます。大滝あそびがメインのウォーターマン滝あそび編はこちらから。
みんなでせーの
滝つぼに向かってせーのでジャンプ。森に囲まれた大滝は真夏の暑い日でも滝の水しぶきのおかげで涼しい。滝の水もちょっぴり冷たいのでずっと入っているとふるえます。
ウォータースライダー
大滝でのあそび一番人気がウォータースライダー、ジャンプ台つきのウォータースライダーは無事に着水できたら拍手。
ウォータースライダー
ウォータースライダー
夕方は休憩
一日中、水あそびをすると疲れるものです。そんなときはやっぱりのんびりと休憩。みんなでゴロゴロしながらトランプをしたり、お絵かきをしたり。自然と笑い声が聞こえてきます。
シャワータイム
サマーキャンプ中のお風呂はドラム缶風呂。もちろん子ども達で沸かします。頭や体を洗うのはもっぱらホースから出るシャワー。『ひぇー』とうめきながらワイルドに体を洗います。
全自動シャワー
これも、もちろんシャワーです。
ドラム缶風呂
ドラム缶風呂は3基あり、ひとつは足し湯や流し湯に使います。もうふたつで順番に入ります。写真はリーダーと3人の子どもで入っていますが、ドラム缶の中では大変なことが。これも楽しいひと夏の思い出となります。ふうき自然塾のキャンプでは楽しい外あそびはもちろん、子ども達がふと思い出した時にこんなこともしたよなと立ち止まれるような活動を目指しています。
食事作り風景
野菜を洗って、皮をむいて、切って、炒めて。子ども達有志で楽しくにぎやかに作っていきます。
食事の後は
後片付けは参加者全員が均等になるように順番にお手伝いをするようにしています。食器を洗う人、水で流す人、布巾で水をふく人、食器棚にしまう人。キャンプ中は1回または2回ほど、全員がやることにしているので、ほとんど文句も出ずにやっています。使ったものを片付ける、当たり前のようで日常生活では縁遠くなっていることも。キャンプという共同生活では、こういうことも日常となります。お家ではやらない子供も、キャンプでは見違えるほどお手伝い好きだったり。
早起きは
早起きは三文の徳、早朝近くの漁港にて魚をゲット。ふうき自然塾のある、金谷地区は昔ながらの漁村、口は悪いが心優しい方がたくさん。
差し入れ
こちらも近所の差し入れ、漁港ならでは、発泡スチロールいっぱいのとれたてのアジ。即席のアジのおろし方教室を開催し、みんなで味のてんぷらにしていただきま~す
プール
キャンプ最終日は地区のプールで、水あそびの締めくくり。大きな声では言えないのですが、このプールはじつにのんびりと時が流れています。入場者の自主性に任せられているので、これはやってはいけませんという規制がないのです。だから、こんなこともできるのです。ただし、やりすぎ、はしゃぎすぎは注意です。
バカンス
海、滝と天然の水あそび場で過ごした後のプールは足がそこに着く、波がない、しょっぱくない、冷たすぎないと子ども達にとってはきっと一番安心して遊べる場所なのでしょう。飛び切りの笑顔であそんでます。
プールで記念撮影
最後はみんなでプールの中ではいチーズ
最終日は
最終日の夕食はバーベキュー。焼きそば、焼き肉、ソーセージ、トウモロコシやカボチャなどの夏野菜、締めはかき氷でクールダウン。
バーベキュー
みんなの笑顔がすてきです。たのしそう
焼き係
調理も子ども達のできることは子ども達で。
焼きそば係
大きな鉄板一面に焼きそば、これならきっと、縁日の焼きそば屋さんもできますね。
虫取り
キャンプ中、夜は自由時間、カブトムシなどを探しに行きたい子ども達は毎夜近くのポイントへ探しに行きます。無人駅の明かりに集まる虫たちを狙うのが確実。毎夜、ほぼ必ずゲットできます。
流しソーメン
最後の最後は大人気の夏の風物詩、流しソーメン。この後、各種交通機関で解散場所の各駅に出発。その後解散となります。ここでのあるキャンプはウォーターマンアドバンス3泊4日の足跡でした。活動内容や宿泊場所が変わっても少人数制を敷いているふうき自然塾のサマーキャンプは基本的にはこの雰囲気で運営しています。

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional