サバイバルキャンプ 参加者募集中

11月15日、募集定員に達しましたので、受付を終了いたしました。

ふうき自然塾の目指しているキャンプとは、それはキャンプを通して子ども達に“生きる力”を身につけてもらうことです。

蛇口を回せば水が出てくるのは当たり前、トイレの便座は温かく、小さな虫に一喜一憂する。

都市部で生活していれば、何の疑問も持たない便利な生活を、子どもの時代に味わってもらおう、

そんなキャンプがサバイバルキャンプです。

森の中で過ごす2泊3日、サバイバルキャンプ開催のために、開拓した森の中で

落ちている枝を拾って薪を集めて火を起こして、暖をとる

しかし、ちょっとの薪ではすぐに無くなってしまいます。暗くなってから薪をあつめることは難しいので

みんなで頑張って集めます。10時間分の薪集めは疲れます。

サバイバルキャンプ

火起こしには、虫メガネ火打石を使った方法や、木と木を擦り付けるキリモミ式などマッチやライターに頼らない方法に

挑戦をしてみます。最初はあそび気分でも、なかなかうまくいかずにハラハラすることも。

無事に火が起きたら、そろそろお腹が空いてきます。暗くなる前に夜ごはんの準備をします。

いつものキャンプの夜ごはんと言えばカレーライスですが、ここでもワイルドにサバイバルキャンプらしくします。

ワイルドランチ

たき火を使った料理とはいえ、難しい料理ではありません。肉のカタマリをたき火にかざしながら焼いていきます。

たき火料理には、ほかにもジップロックを使ったご飯の炊き方を学んだり、同じくジップロックを使ったパン作りだったり

災害時にも役立つ、いろいろな料理に挑戦します。

また、ふうき自然塾にはすぐ近くに海があります。サバイバルと言えば、自分で獲ったものを食べる

海で貝や魚を捕まえるには、ワナや仕掛けを作り、釣りをしたりと工夫して捕まえます。

自然相手のこの体験は、獲れることもあれば獲れないこともあります。時には思い通りにいかない体験も大切です。

たき火をして、ご飯も食べたら、最後は寝る場所です。テントを張るもよし、豪快に野宿をするもよし

がんばれる子ども達は、枝や笹などを使って専用の寝床を作って寝ます。

暗くなったら寝て、明るくなったら起きます。時計なんて必要ありません。だって、お日様が沈めば暗くなり

たき火の明かりだけがたよりなのです。(最低限のヘッドランプなどは使いますが)

そのほか、川の水をペットボトルのろ過装置をつかってろ過の実験をしたり、川の魚を捕まえたり、真っ暗な森の中を

手作りのタイマツをもって探検したり、ほかでは体験できないキャンプがここにあります。

2泊3日のサバイバルキャンプ、ワイルドなキャンプに憧れている、普段ゲームばかりなので少し不自由な生活を体験させたい、

思う存分たき火がやりたい、とにかく自由に過ごしたい、そんなお子様におススメです。

サバイバルキャンプ実施要項

キャンプ名サバイバルキャンプ
日程11月23日~25日 2泊3日
定員10名
移動往路:送迎バス 復路:フェリー公共交通機関利用
集合9:00 横浜駅
解散17:00 横浜駅
参加費¥30,000

サバイバルキャンプ スケジュール

 1日目2日目3日目
午前横浜駅集合
送迎バスでふうき自然塾へ
お弁当
起床・朝ごはん
海へ食材探しへ
海辺でワイルドランチ
たき火で朝ごはん
撤収作業
温泉入浴
午後食器づくり
キャンプ場でたき火料理
秘密基地づくりなど
寝床づくり
火起こし体験
お昼ごはん
フェリーと電車で移動
解散
ドラム缶風呂入浴
初日はふうき自然塾泊の予定
暗闇体験
野営体験
上記はほんの一例です。参加者の年齢や天候を考慮して活動をおこなっていきます。
お申込みはこちらから