持ち物について

長期キャンプ、5泊以上の持ち物について

2018年度サマーキャンプも残席残りわずかになっています。
夏の自然塾1、ワンダーキャンプに数席、空きがございます。

今日から、数回長期キャンプについて、ご案内したいと思います。
第一弾は、お問合せの多い持ち物について補足です。

8月1日からはじまるワンダーキャンプ、夏の自然塾のプログラムではキャンプ中
洗濯をします。キャンプ中は大きなカゴを用意し、子ども達の使用済み服は各自で
そのカゴに入れるように伝えます。

ですので、小さいお子様は特に、持ち物にはすべて記名または本人がわかるように目印などを
つけるようにしてください。
朝食後に学習の時間を用意していますので、だいたいその時間が洗濯の時間になります。
雨の日や、早朝にプログラムを用意した日は、洗濯の時間が無い日もあります。
スタッフが洗濯機を回し、手の空いている子ども達にも干す作業は手伝ってもらいます。

そこで、本題、着替えの準備はおおよそ、最低4泊分をご用意ください。

Tシャツ4枚、短パン半ズボンなど4枚、薄手の長袖長ズボン(夜の活動用)
水着2枚(あった方がいいです)、バスタオル2枚、
濡れても乾きやすいサンダル(クロックスのようなタイプがおすすめ)
下着は少し多めに6枚くらいあった方が良いかもしれません。
しかし、足りないからと言って、使用済みのTシャツを着ろ!と言うことは
ありませんので、無い場合はこちらに準備してある、ロゴ付きTシャツを着てもらいます。

ですので、基本的には上記の持ち物で間に合います。
それにプラスして、各自で調整してプラスアルファしてください。
うちの子はめんどくさがりだから、洗濯かごに入れないかもしれない、
まとめちゃうタイプかもしれない、と言う方は少し多めにご用意をお願いします。

そのほかとして、カブトムシやクワガタとりをキャンプの目的にしている方は、
暗闇の中、3メートル先の電信柱が照らされるような、懐中電灯を用意することを
おすすめします。これにつきましては、後日、こちらで再度案内したいと思います。

以上、最低限の持ち物のご案内でした。

常にホームページをチェックしている方は少ないと思いますので
こちらのホームページを更新した際に、ふうき自然塾のLINE@にてお知らせしています。
下記ページからフォローしていただければと思います。

https://line.me/R/ti/p/%40mzs4021h

第1回目、2018年度サマーキャンプの補足ご案内でした。