移転のお知らせ

2006年夏シーズンから今シーズンまで14年間、約2000名を超える子ども達が、サマーキャンプ、おいしいキャンプ、サバイバルキャンプなど各プログラムに参加していただきました。本当にありがとうございました。

さて、表題の通り、2006年夏から千葉県富津市金谷で自然体験事業を行ってきました、ふうき自然塾は2019年12月より群馬県の北東部、片品村へ移転することになりました。

施設の老朽化も一つの理由ですが、移転を決断したの大きな要因は、夏の暑さでした。

この地で事業を始めた理由は、横浜から近い、海が近い、広大な手付かずの裏山が使い放題、最近流行りのテレビ番組のポツンと○○のように人里から離れていたので、サバイバルキャンプのように木を切り、焚き火をして秘密基地を作り、という季節には最適でした。

しかし、サマーキャンプシーズンは、街中よりは断然涼しいのですが、やはり連日の30度超え、常に子ども達の熱中症の心配をしなければいけない状況がありました。この夏の暑さ問題は、ふうき自然塾に限ったことではありませんが、これからはもう少し涼しい場所で、サマーキャンプを開催できないものかと考えたところからでした。

移転先となる群馬県片品村は、尾瀬国立公園がとても有名です。越後山脈を超えてくる雪はサラサラのパウダースノー。美しい雪景色と、春の花、涼しい夏、美しい秋の紅葉と、日本の四季を存分に楽しめる自然環境にあります。今夏の長期キャンプの遠征地として、8月後半に子ども達と行きましたが、カラッと涼しい避暑地でのサマーキャンプを楽しんできました。

移転先では子ども達だけでなく、ご家族そろっての自然体験プログラムなどの準備も考えています。今後ともどうぞよろしくお願いします。